トップページ「プラス制震」だから安心ガルコンの特徴を知ろう会社概要お問い合わせ・資料請求
ガルコンの特長を知ろう
ガルコンの特長を知ろう
「ガルコン」5つの効果
耐震
+
制震機能50%揺れを抑える地震の
初期段階
から効く余震にも
対応共振の
抑制
1
耐震 + 制震機能
○ガルコンは耐震+制震の機能をあわせ持つ建築用金物です。
分解図
耐震機能
ガルコンに使用している金属板は、自動車用高張力鋼板(ハイテン)を採用。一般鋼板(SPHC-270)に比べ1.6倍以上の強度を誇る高張力鋼(SAPH-440)が、柱と梁をしっかりと固定し、建物の強度を強めます。
複合構造
ガルコンは、高張力鋼板のA盤、B盤、C盤を特殊粘弾性体でつなぐ複合構造です。この構造によって、地震の時には各柱と梁の歪みに追従し、揺れを効率よく吸収体に伝えます。
制震機能
地震の振動を効果的に吸収するには、柔軟性が重要です。ガルコンの振動吸収体「特殊粘弾性体」は、温度や紫外線などによる変質が無く、60年間以上粘度と弾性を保つことが立証されています。設置場所の温度変化や湿度などに左右されず、制震性能を長期に渡って維持します。
特殊バネ
強度のあるバネがガルコン自体の変形を瞬時に復元。特殊粘弾性体とともに、地震の揺れを抑えます。また、ガルコン自体の損傷などのアクシデントを防ぎ、耐震金物としての機能を維持します。
2
50%揺れを抑える
プラス制震の工法が被害を軽減
揺れの軽減率およそ50%
○ガルコンは、内臓する「特殊粘弾性体」によって
 地震の振動エネルギーを吸収し、建物の変形を
 約50%低減させます。
(財)建材試験センター中央試験所において、阪神淡路大震災当時兵庫県南部で
観測された地震波と同規模の振動テストを行った結果、従来工法の建物とガルコ
ン設置の建物での変型はおよそ半分となっていることがわかります。
3
地震の初期段階から効く
地震発生の初期段階から効果を発揮
地震発生の初期段階から効果を発揮
○ガルコンは、地震の規模が大きくなるほど効果を
 発揮するという特長を持っています。
小規模な地震の際には建物の変形を抑えて強度を保ち、建物が変形するような
大地震の際には、構造材に代わって建物の強度を維持します。
4
余震にも対応
地震発生の初期段階から効果を発揮
地震発生の初期段階から効果を発揮
○ガルコンは、強度のある金属板=高張力鋼板と、
 60年間以上性能を維持する特殊粘弾性体の複合構造です。
一回の大地震を受けたあとも、その構造を復元し性能も維持されるので、繰り返し起こる
余震や、新たに起こる地震にも対応することができます。
5
共振の抑制
○地震が発生すると、振動は1箇所に集中することなく、
 建物全体が振動します。
そのために、家具の転倒や割れたガラスの飛散などが起こることもあります。ガルコ
ンは、取り付け場所でそれぞれが振動エネルギーを吸収し、建物全体の振動を軽減す
るために、共振の被害を防ぐことが可能です。
設置事例を見てみよう
ガルコン
の設置
ガルコンは、在来構法での、新築/リフォーム、平屋/2階建て・3階建てなどの
構造を問わず、あらゆる木造住宅への取り付けが可能です。
また、近年の断熱工法、神社・仏閣といった伝統的構法にも取り付けが可能です。
取付例
ガルコンの取り付け場所は、仕口(柱と梁の接合部)に取り付けます。
力壁以外の開口部壁以外の内部開口部窓下屋部分
耐力壁以外の開口部/壁以外の内部開口部/窓/はき出し窓/下屋部分
経済的に
すぐれた
ガルコン
ガルコンは、お施主さまの経済的な負担を軽くします。手軽に設置でき、長期にわたって性能を維持。ガルコンは、耐震補強改修の対象となっているため、
各自治体の補助金制度を受けることができます。
取付図面例
取付個数目安:新築30〜45坪で18〜24個
トップページ「プラス制震」だから安心ガルコンの特徴を知ろう会社概要お問い合わせ・資料請求
pagetopへ
株式会社 プラス制震.com
〒432-8045 静岡県浜松市中区西浅田2-2-18 B-11
TEL. 053-489-9004 / FAX. 053-489-9441